高齢者向け配食店舗を開業する前に読む本

著者紹介:吉田幸生

一般社団法人・日本配食サービス協会 代表理事。

50歳を目前に社会貢献活動に目覚め、自社内に社会貢献事業部を設立。自らも高齢者向け配食サービス店舗を開業し、ノウハウを習得。これまでのマーケティングの知識を活かして、経営に苦しむ開業3年未満の配食サービス店舗を対象としたセカンドオピニオンとしても活動。経営コンサルティングを行うとともに高齢者向け配食サービス店舗の普及に努めている。千葉県市川市在住。

FC加盟する前に読んでおくべき本

突然ですが質問です。

あなたは独立をして高齢者向け配食サービスを開業しようとしています。そこで、あなたにこんな質問を用意しました。あなたは下の質問にいくつ答えられるでしょうか?

自宅のそばで開業しても大丈夫か?

②開業資金って何にいくら必要なのか?

自己資金が足りないとき、どうすれば銀行に断られずに融資を受けられるか?

④必要な資格はなにか?

内装工事費に幅があるのはなぜか?

必要な機材にはどんなものがあるか?

⑦食材は仕入れる?自分で作れる

学ぶべきノウハウは何種類あるのか?

⑨フランチャイズ本部に入らずに開業する選択肢は正解なのか?

さて、あなたは、いくつの質問に答えられましたか?

もしあなたが、上の質問にすべて答えられたなら、もうこの先を読む必要はありません。でも、もしひとつでも答えることができなかったならば、どうぞこのまま読み進めてください。あなたにとって役に立つ情報をきっとお届けすることができるでしょう。

 

商品の説明:これ一冊で開業できる

今回、あなたにご紹介するのは、高齢者向け配食サービス店舗『開業ハンドブック』です。この本には、高齢者向け配食サービス店舗を開業するために必要な情報をすべて詰め込んであります。これ一冊あれば、開業に必要なことはすべてわかるといっても過言ではありません。これまではフランチャイズ本部さんに加盟して、開業してみなければ、わからなかった”たくさんの情報”が、惜しげもなく書かれていることに、あなたは驚かれることでしょう。

たとえば…

①正しい開業エリアの選択方法は?

開業エリアを選択は、この事業で一番大切なポイントです。もし、エリアの選択に失敗して、違う場所でやり直すことになったら大変です。加盟金として投資したお金はもちろん、もう一度やり直す時間も必要になります。お金で解決できる場合はまだいいのですが、そのまま赤字を抱えて撤退となれば、もう取り返しがつきません。そうなる前に正しい開業エリアをあなた自身でも選択できるようになっておきましょう。

 

②開業するために必要な資金の正しい調達方法は?

開業資金が足りない場合、銀行から借り入れを起こします。最近は低金利が続いて、借り手が強いというイメージですが、実際には誰でもお金を借りられるわけではありません。とくにこれから開業する人のための「創業者融資」は、借り手の信用がまったくないため、厳しく審査されます。その厳しい審査をクリアするためには、ある事前準備のテクニックが必要です。それは一定期間の間、「あるもの」をうまく操作することなのですが、このテクニックを使うことで、銀行と上手に交渉する状況を作り出すことができます。そのテクニックとは?

 

③開業に必要な機材にはどんなものがあるのか?

高齢者向け配食サービス店舗を運営するために、必要な機材があります。それらを安く調達して、手元資金を温存したい。誰でもそう思いますよね。事前に「どんな機材が必要なのか?」がわかっていれば、さまざまなルートを使って購入を検討する時間を確保することができます。この本では、備品・機材のリストもご用意しましたので、事前の予算管理に役立ていただくことができます。

 

もしも、これらのことを準備段階でわかっていれば、どんなに楽でしょうか。

 

スタートラインは同じでない

あなたはこれらのミスを事前に防ぐチャンスに恵まれました。そうです。この『開業ハンドブック』を読むだけで……です。今すぐ、フランチャイズ本部に加盟して、開業したい気持ちはわかります。でも、そうする前に、あなたは少しだけ立ち止まって準備をする必要があるのです。

 

あなたはこの『開業ハンドブック』を先に読むだけで

✅開業までのイメージがつかめます。

✅開業エリアの失敗を避けられます

✅金融機関の融資を受けられる確率を高めます。

✅事前に見積もり例に触れることで、内装工事の代金を適正なものにできます。

✅必要な機材や備品がわかるので、少しでも安く仕入れるための手立てが可能です。

✅自分で調理するか?食材を仕入れるか?その判断がつきます。

✅ノウハウに触れることで、開業してからのギャップに悩まされずに済みます。

✅フランチャイズ本部選びを間違えて、後悔することがありません。

高齢者向け配食サービスの市場規模は大きく有望です。そして、あなたはその市場に乗り込みます。サラリーマン時代の安定した収入を捨て、決して安くない開業資金を投資して、貴重な時間を費やすのです。どれだけ準備をしても十分ということはありません。

そしてビジネスを始めるからには、成功しなければ意味がありません。成功確率を高めるためには、どんな小さなことであっても、事前の準備を怠ってはいけないのです。

あなたの狙っている店舗エリアにも同じ時期にスタートするライバルがいます。あなたはこの本を読むことで一歩も二歩も前に進み、ライバルよりも成功の確率を1%でも高くする必要があります。

ビジネスという勝負はすでに始まっているのですから…。

目次・章立て

 Chapter 1:開業場所の決め方

(1)マーケット分析の仕方

<1>高齢者人口が多い

<2>居宅介護施設の数

<3>指定配食があるか

<4>競合をどう考えるか?

<5>自宅から近い場所/従業員が通いやすい/地域の生活水準

 

 Chapter 2:開業資金について考えよう

(1)開業にはいくら必要なの?

(2)どんなことに必要か?

  • 設備資金<不動産><内装資金><機材・備品>
  • 運転資金

 

 Chapter 3:開業資金はこうして借りよう

(1)「日本政策金融公庫

(2)融資までのプロセス

(3)公的資金を通すために必要な4つのポイント

<1>自己資金

<2>事業計画書

<3>経験・経歴

<4>面談

 

 Chapter 4:保健所の許可を取ろう

(1)保健所との事前相談

(2)食品衛生責任者の資格を取ろう

<1>予約を取ろう

<2>講習の内容について

<3>どこで講習を受けるのか?

<4>資格について

<5>有効期限

<6>注意点

(3)必要書類の書き方を知ろう 

(4)書類の提出 

(5)保健所のチェックポイントって?

(6)許可書の交付

  Chapter 5:内装工事の金額は適正か?

(1)見積もり例 

(2)料金にピンからキリまである理由 

 

 Chapter 6:必要機材と備品はコレだ!

(1)機材・備品リスト

(2)いくらで買えるのか?

 

 Chapter 7:食材仕入れのルートを確保しよう

(1)仕入れルートの話 

(2)自分で調理する時の注意点

<1>時間的制約を計算に入れておこう

<2>栄養管理

<3>衛生管理

 

 Chapter 8:必要なノウハウを学ぼう

(1)開業準備ノウハウ

(2)店舗運営ノウハウ

 

 Chapter 9:フランチャイズの選び方

(1)高齢者向け配食サービス店舗フランチャイズ一覧

(2)実績を持った人から教わるという選択肢 

(3)チェックポイントを絞ろう

90日間返金保障

まずは『開業ハンドブック』を早速試してみてください。もしこの本を読んで、あなたのタメになることがひとつも書かれていなかったり、あるいは内容自体が気に入らないようでしたら、理由はどうであれ、購入日より90日間以内にご連絡いただければ、代金は全額お返しいたします。もちろん返本の必要もありません。なので費用や手間がかかることもありません。つまりあなたにとって、リスクはゼロということです。

この『開業ハンドブック』には、高齢者向け配食サービスの開業に必要なことが、すべて書かれています。資金調達の仕方や資格の取り方はもちろん、開業時に必要な厨房機器や備品についてもわかりやすくリスト化されています。つまりこれ一冊で開業するためのノウハウが、すべてわかってしまうのです。もしあなたがフランチャイズ本部選びに悩んでいるのなら、開業説明会に行く前に、こっそり読んで参考にしてみるのもいいかもしれません。

いずれにしても、ビジネスのスタートを切る前に、たくさんの情報をあなたのものにしておくことは、とても大切なことです。なぜなら「転ばぬ先の杖」として、あなたの時間やお金をムダにすることを未然に防いでくれるからです。

そして、この本を読んで開業する気になったなら、この中に書いてあるいくつかのことを実践してみてください。あなたの店舗開業に間違いなくメリットがあるはずです。

連絡先:お問い合わせメールフォーム
TEL : 03-4405-7663(平日9時~17時受付)
FAX : 03-6869-1776(24時間受付)

お客様の声

自力の開業を目指します!(埼玉県・菊川睦さん)

配食サービスの開業は、フランチャイズへの加入がないと難しいと考えていました。でもこの『開業ハンドブック』には、必要な厨房機器や備品が、分かりやすくリスト化されて書いてあったので、もしかしたら自力で開業できそうだなぁと思いました。もしフランチャイズに加盟すれば、間違いないけど、ロイヤリティーなどもかかるし、今後はこの『開業ハンドブック』を参考に、自力での開業を目指したいと思います。

ビジネスの先行投資と考えれば…(東京都・河津武史さん)

ここでしか知り得ないような情報も書いてあった。もっと分厚い本かと思ったが、ビジネスの先行投資と考えれば、この値段(3,980円)は決して高くはないな…と思える内容だった。

これだけで開業準備OKは、ホントでした(香川県・上杉健吾さん)

必要な機材と備品のリストが手に入ったので、本当にこれだけで開業準備が進められそう。あとは食材仕入れルートだけ確保すれば、本当にフランチャイズに加盟しなくても、開業ができそうな感じです。あと、知らなかったけど、高齢者向け配食サービスに対応できる食材工場って全国に4つしかない、ということで、ビックリしました。食材ルートは(社)日本配食サービス協会さんでも対応できると書いてあったので、それが可能ならホントにフランチャイズに加盟しなくてもいけそうです。やはりフランチャイズに入るより、オリジナル店舗の方がやりがいがあるし、それを実現できそうでワクワクします。開業準備OKは、ホントでした。

これを活かせるかは自分次第(千葉県・渡辺良平さん)

創業資金の融資を受けるのに必要なことが書かれていました。確かにこの通りにやれれば、融資が下りそうだなと思いますが、なかなかこの通りに実践するのは難しいという印象です。でも、開業への道筋は、一通りの書かれていたので、活かせるかどうかは自分次第なのだと思います。

販売価格

さて、ここまで読んでくれたあなたは、この『開業ハンドブック』の価格が気になっていると思います。

 

「いったい、いくらで買えるの?」と。

 

ちなみに、あなたはフランチャイズ本部に入るとしたらいくらかかるか、ご存知ですか?一般的には、加盟金/保証金だけで100万円以上かかる場合も少なくありません。最近はゼロプランといって、開業時にかかる金額が0円というプランも見かけるようになりましたが、それでも加盟後には、会費やシステム使用料など一ヶ月で最低3万円はかかります。それにプラスして、ロイヤリティーもかかります。

 

でも、それだけの大金を払って加盟したのに、フランチャイズ本部が、あなたの望むような対応をしてくれなかったらどう思いますか?あなたは後悔しませんか?加盟してからでは、どんなに嘆いても、お金も時間も戻ってきません。あとに残るのは無駄にした時間と後悔だけ…っていうことだって考えられます。

だから、あなたが後悔しないように、この『開業ハンドブック』には「実際にフランチャイズ本部に加盟してみなければわからない」たくさんの知識を詰め込みました。

 

正直、この『開業ハンドブック』を完成させるのに、私自身、某フランチャイズ本部に加盟して、加盟金/保証金など、それなりの金額を使っています。そして開業をしました。そういった経験をしたからこそ、開業する前には「どんなことを知っておいたほうがいいか」を理解できます。それにプラスして、たくさんの本も買い読み漁り、セミナーにも参加して、成功も失敗もしました。これまでものすごいお金と時間を出費してきたのです。

 

だから「転ばぬ先の杖」として、この『開業ハンドブック』は、10万円で販売しても価値があると、本気で思っています。

 

でも、まだ始まってもいないあなたに、そんな値段では売る気にはなれません。

 

脱サラをして、開業するにはお金が必要です。できるだけ余計な出費をしたくない。という気持ちもよくわかります。絶対、失敗できないあなただからこそ、この『開業ハンドブック』を読んで欲しい。少しでも成功確率を上げて欲しいと思っています。そこで、

 

高齢者向け配食サービス『開業ハンドブック』の価格を通常価格18,900円(税抜)のところ、100名様限定で3,980円(税抜)に設定させていただきました。

 

 

高齢者向け配食サービス『開業ハンドブック』の価格は、3,980円(税抜き)です。

 

もしフランチャイズ本部に加盟したら、あなたが支払うことになる月々のコストは、システム料と会費などで、一ヶ月に最低18,900円程度が必要です。ですからほぼ1/5の金額になります。この金額ならあなたも先行投資して考えられるのではないでしょうか?

購入特典

期間限定ではありますが、今なら次の特典も差し上げます。

1、成功店舗見学会

フランチャイズ本部さんの開業説明会を店舗で開催する場合があります。ただ店舗を見ることはできますが、ほとんどの場合、従業員の方が働いていることはありません。なぜなら日々の作業の邪魔にならないように配慮をしているためです。でもあなたとしては、実際にどんな作業をしているのか?見てみたいですよね?

そこで『開業ハンドブック』購入特典として、複数店舗オーナーが運営する実際の店舗を視察できる店舗見学会にご招待したいと思います。

実際にどんな作業をしているのかを見ることで、自分が開業するときのイメージを高めたい、と考えるあなたには、うってつけだと思います。そして、見学会のあと、複数店舗オーナーさんに、直接、質問をする機会も設けました。

 

全部で何店舗をやっているのか?

✅どうやって複数店舗を構えるまでになったのか?

✅どのくらいの期間で複数店舗になったのか?

 

など、聞いてみてはいかがでしょうか?複数店舗をもつオーナーはそれほど多くはありません。なかなか直接お話を聞ける機会は少ないので、あなたの持っている開業への疑問をこの機会にぶつけてみてください。

 

2、失敗店舗あるある事例集

フランチャイズ本部さんの開業説明会では、配食ビジネスの将来性や成功例について、たくさんの情報を聞くことができます。でも逆に「話がうますぎて不安になる」という話を聞くことも少なくありません。人間はいい話ばかり聞くと、逆に不安が芽生えてしまう…ということもありますよね?

 

そこで日本配食サービス協会では、実際の失敗例をまとめた『失敗店舗あるある事例集』(PDF)を作成しました。これを今回の購入特典としてプレゼントします。こちらも『開業ハンドブック』と同様に、「転ばぬ先の杖」として活用してください。

まだ迷っているあなたへ

追伸1

もし、あなたがまだ「情報は少しでもたくさん欲しいけど、どうしようか?」と迷っているのであれば、それはあなたが『高齢者向け配食サービス』の店舗開業に、それだけ本当に興味がある証拠です。人間は興味がなければ迷ったりしないからです。

 

でも、あなたが、これまでの人生を振り返ったとき、

「行動したことより、行動しなかったことに対して、大きく後悔した」ことはなかったでしょうか?

あなたが開業に躊躇しているのであれば、なにか理由があるはずです。

 

それが、

  • 加盟金などの開業資金が捻出できないのか?
  • 実際にやっていけるのか?わからずに悩んでいるのか?

理由は、わかりません。

 

でも、絶対に

「今よりももっと良い手段が、どこかにあるはずだ」と、見えない答えを探しているのだと思います。だからこの本を読まずに「開業ハンドブック」を読まずに、開業を諦めることだけはしないでください。必ずこの本にそのヒントが書かれています。

もう、後悔することだけは止めてください。一歩を踏み出しましょう。

 

追伸2

あなたが今しなければいけない行動とはなんでしょうか?

 

それは、この「開業ハンドブック」を読み、開業へのイメージを膨らませて、それに向けて自分を動かしていくことです。この「開業ハンドブック」を読むだけで、開業に向けた不安をかなりの部分で払拭することができます。そして、あなたが一人で悩む時間を100時間分くらい短縮できるでしょう。

 

これからあなたが店舗オーナーとしてやっていくなら、

これからは「時間をお金で買う」というイメージを持ってください。そういうマインドが必ず必要になってきます。

 

もう自分で調べたり、悩んだりするという無駄な時間を使いたくない!

あなたが、そんな気持ちを持っているならば、今すぐ下のボタンを押して、私に相談してください。

 

 

「為せば成る。なさねばならぬ何事も。成らぬは人の為さぬなりけり」

「人生にはいくつかの分岐点があります」

「分岐点とは、まさに決断をしなければならない瞬間です」

 

あなたなら、やれる!

一歩、足を踏み出したあなたとお会いできることを楽しみにしています。

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.